のび太国

提供: ウソペディア物置分室
ナビゲーションに移動 検索に移動
復帰条件
この記事が本館の記事として復帰するためには「元ネタについて触れる記事とする」必要があります。誤字脱字や記事の体裁も確認して下さい。
のび太国
野比連合共和国
(野比聯合共和國)
国の標語 : ドラえも〜ん

のび太国の位置

公用語 日本語
首都 東月見台 (源派/東のび太国)
西月見台 (出来杉派/西のび太国)
最大の都市 高城市
皇帝 野比のび太
首相 源静香 (東)
出来杉英才 (西)
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第172位
43720km2km²
82km2
人口
 - 総計([1]
 - 人口密度
世界第4位
3億722万5268人人
1,155人/km²
政府 源自由党
国民的な英雄 不明
建国年月日 1855年3月6日(4月3日)(新日本帝国成立)
1975年10月1日(のび太日本国亡命政府成立)
1976年2月11日(のび太国成立)
通貨 のび太円 (4217 NBY)
時間帯 UTC +9,+9.5 (DST: 無し)
国歌 君が代(のび太国版)
のび太愛国歌
呑気なのび太君
のび太君0点
宗教 神道、仏教創価学会ドナルド教葱神教ぽぽぽぽーん教幸福の科学ヴェルタース教鉄道教統一教会ねるねる教オウム真理教恒心教ドラ焼き新教
国際電話番号 +888

のび太国(のびたこく)とは、源静香首相により統治されている(元)人民産業社会帝国立憲資本主義制国家である。なお、現在は立憲民主主義国家となった。

概要

こののび太国は、名目上現存する唯一ののび太国である。元首は、未だに野比のび太氏であるが、現在元首に主権はなく、首相の源静香氏に主権がある。領土は東京の練馬付近、神奈川、千葉の一部、のび太諸島を統治し、東日本東京ディズニーリゾート合衆国とは陸の国境、どうぶつの森シーランドジャパンちゃれんじ国とは海の国境で接しており、その他日本中やどうぶつの森に所々飛び地領土を有する。 のび太国は、2代目のび太国の消滅に伴い、当時前皇帝が崩御し後継がいなくなった状態で消滅寸前だった新日本帝国に亡命した事により誕生した。当初は、国民の意向から、のび太氏は皇帝ではなく、首相となったが、1981年に出木杉英才氏が首相になると、のび太氏は、皇帝となった。この時、のび太国憲法が改正され、主権を皇帝から首相に移した。また、出木杉政権下ではのび太の様なバカを生まないように小学校6年間を義務教育として制定した。

1979年には、練馬区薄ヶ原にあるいつもの空き地とのび太の家付近を自国領土とし、2代目のび太国が事実上復活し、首都は練馬区芒ヶ原に置かれた。しかし、首都と最大の都市がある諸島群が離れており、陸移動するには、日本の領土を経由する必要があった。更に、出国せずに移動するには、練馬空港〜野比空港間をのび太航空で移動するか、或いは田奈川にある。西芒田奈川桟橋から船で野比港大桟橋まで水運で行く必要があり、交通が非常に不便だった他、自動車での移動が不可能だった。これが原因で、後々地下シェルターの建設に至った。

1985年頃からは、学校嫌いだったり、怒られるのが嫌やら何らかの理由で家出した児童・生徒がのび太国に亡命し、当時800万人近くしかいなかった人口がこれ以降爆発的に増えるようになり、10年後の1995年には、1億人を越える程にまで膨れ上がり、20年後の2005年には2億3000万人まで増えた。

その後、2014年9月頃からはクーデターが起こりソ連式社会主義制でなおかつ半資本主義を取る国家から民主的国家に多少変更された。

のび太国は、北朝鮮、のび太連邦加盟国、ディズニーランド、ちゃれんじ国、中国、独裁国、社会主義国と友好関係を築いており、九州公国、韓国とは余り仲が良くない。また、皇帝の野比のび太氏は、自称国であるさくらニュータウン国の首長(自称:皇帝)の天野景太氏と藤沢国の首相中野裕太氏との仲は、犬猿の仲を遥かに超える程険悪である。
日本連盟からは首都東京を取られてしまった憎しみから険悪を通り越してしまっており、国交は断行している。東日本との関係も良いとは言えないものも、国交は存在しており、樺太の国営奥端油田で産出された石油を無関税で輸入しているなど、友好的な面もある。

歴史年表

新日本帝国

  • 1855(安政2)年3月6日(新暦: 4月3日) - 日米和親条約に反発した長州藩の一部藩閥が江戸幕府に独立宣言を行い新日本帝国が成立。萩を暫定首都とし、征夷大将軍に毛利元房が就任。
  • 1866(慶応2)年1月22日(新: 3月7日) - 薩長同盟締結に伴い長州藩領全土に領土を拡大。薩摩藩を保護藩とする。
  • 1867(慶応3)年10月14日(新: 11月9日) - 大政奉還。以降大日本帝国の成立に尽力。
  • 1869(明治2)年 - 版籍奉還を巡って新政府とのいざこざができ、結果的に版籍奉還を実施する代わりに関東東部の東房諸島に政府を移転。以降東房諸島の高城が首都となる。
  • 1871(明治4)年 - 毛利元房が征夷大将軍から皇帝に昇格し、元号を大日本帝国で使用されていた明治から毛治(もうち)に改元。
  • 1873(毛治3)年 - 太陽暦に移行。
  • 1879(毛治9・明栄元)年12月27日 - 初代皇帝の毛利元房が崩御。皇太子兼征夷大将軍の毛利元芳が皇帝の座に就き元号を明栄(みょうえい)に改元。
  • 1894(明栄16)年4月1日 - 内閣制度発足に伴い、老中が総理大臣に改称。老中宮田大一が初代首相に就任。
  • 1896(明栄18)年3月22日 - 新日本帝国憲法が発布される。
  • 1899(明栄21)年5月 - 帝国議会開設。
  • 1909(明栄31・功永元)年10月26日 - 毛利元芳皇帝崩御。毛利元吉が第三代皇帝に即位し、元号を功永に改元。
  • 1914(功永6)年 - 第一次世界大戦に連合国として参戦
  • 1920(功永12)年1月10日 - 国際連盟に加盟し準常任理事国となる。
  • 1922(功永14・清延元)年5月11日 - 毛利元吉皇帝崩御。毛利元仁が第四代皇帝に即位し、元号を清延に改元
  • 1924(清延3)年9月16日 - 正式に常任理事国に昇格。
  • 1937(清延16)年6月24日 - 日本政府による満州国建国への加担や侵略活動が認められ国際連盟を除名となる。
  • 1939(清延18)年 - 第二次世界大戦勃発。当初は枢軸国寄りの中立国となる。
  • 1943(清延22)年1月16日 - ナチスドイツとの関係悪化により連合国に参画
  • 1945(清延24)年8月15日 - 終戦により再び戦勝国となる。
  • 1946(清延25)年4月20日 - 国際連合発足につき加盟。常任理事国六国の一つとなる。(但し、戦争中に日本軍を援助した罪状から他の五国と異なり、拒否権は与えられなかった)
  • 1971(清延50・泰明元)年11月23日 - 毛利元仁皇帝が暗殺。毛利清将皇太子が皇位を継承し泰明に元号を改元。
  • 1973(泰明3・光招元)年 - 毛利清将皇帝が毒物食により暗殺。直接皇位継承者不在に陥り、元号を光招に改元。

のび太国

  • 1975(光招3)年10月1日 - 野比のび太氏がのび太日本国亡命政府を新日本帝国内に樹立。
    • 11月13日 - 別の共産系派閥日本人民共和国臨時政府とのび太日本国亡命政府の戦争(共野内戦)が勃発。
  • 1976(光招4・光明元)年2月11日 - のび太日本国亡命政府がドラえもん所持の22世紀型戦闘用具使用につき小力ながらも勝利。国号をのび太国に改称し、野比のび太が首相に就任。毛利朝最後の皇帝として旧宮家の毛利忠義が即位し、元号を光明に改元。
  • 1982(光明6)年1月1日 - 亜洋事変発生。
    • 9月22日 - 亜洋事変による財政赤字の責を取り野比のび太氏が首相を退位。後続に出木杉英才氏が首相に就任するとともに新日本帝国憲法を全面改正しのび太国憲法を制定。野比のび太前首相を名誉職として皇帝に着任させ、従来の毛利朝第6代皇帝毛利忠義を皇帝から退位させる。これに伴い、元号はさらに明清に改元となる。
  • 1985(明清4)年3月18日 - 国政選挙の結果社会帝国党が圧勝し、与党となる。本格的な共産化・一党独裁体制の確立か起こり、皇帝の発言力を強化した。
  • 1987(明清6)年 - 消費税導入(5%)
  • 1998(明清17)年 - 南極事件発生。首相の剛田武は国際警察に逮捕され、この事件に伴いのび太国は国連常任理事国から無期限追放処分となり非常任理事国に降格となる。
  • 2010(明清29)年 - 資本自由民主主義取締基本法制定。日本との関係が悪化。
  • 2014(明清33)年 - 日本国と断交。
    • 12月 - 上記法に反抗した有力な衛星政党による民主主義クーデターが発生。
    • 12月21日 - 剛田武氏が再び首相を退位。皇后の源静香氏が首相となる。

野比連合共和国

  • 2015(明清34)年 - 元旦の首相演説で民主化と野比連合共和国への国号変更を宣告し、国号が変更される。しかし、この演説からしばらく経った後、急遽のび太国軍が野比のび太皇帝の指揮により進軍を開始し、日本大反乱へと繋がる。
  • 2016(明清35)年4月1日 - のび太連邦発足。翌日に関西民主主義人民共和国加盟。
  • 2017(明清36)年 - のび太連邦分裂騒動発生。
  • 2018(明清37)年 - のび太国分裂騒動発生。
  • 2018(明清37)年8月14日-のび太闘争発生

地下シェルターの建設

1982年、当時の出木杉政権は、のび太諸島〜帝都芒ヶ原間の移動があまりにも不便かつ、発展の上で問題があるとして、今後5年以内にシェルターを建設・整備する事を発表、1983年に、着工し、1985年には池袋シェルター〜鎌ヶ谷シェルターが完成、22世紀の技術により、地下なのにテンプレート:お察し下さいなレベルの明るさを実現し、さらには、夜になると、暗くなるようになった。これに使用しているのは、太陽光苔である。1987年には、成田シェルター〜銚子シェルターが完成、その後1989年に鎌ヶ谷シェルター〜成田シェルター間が完結し、シェルターが全て完成した。その後も、急激な人口増加に伴い、現在でも増改築を繰り返している。

なお、地下シェルターの深さは、地底1000メートル〜地底300メートルである。

民主主義クーデター

2014年でもソ連式社会主義制をとっていた(更に、反民主主義・反自由主義も掲げた)ため日本との断絶状態に入り日本がのび太国国民の入国を拒否したためのび太諸島の空港から友好国(朝鮮民主主義人民共和国)のフラッグキャリア高麗航空の便に乗り、北朝鮮から日本へ不法入国するしかなかった。 このことについて国民大反発、ついには日本からオタク系統のアニメ、マンガまで輸入できなくなった。この時点では辛うじてのび太国版コミケである月見台同人即売会での販路があったにしろ2014年夏のTC70にて検閲官が増員され日本から密輸入していた同人サークル参加者100人以上が検挙されて以降は流通経路が完全に途切れ、政府も更に日本本国文化・製品全体の弾圧を強化したため、国民の大半が社会主義体制に嫌気が差し他国への亡命が相次いだ。

剛田武首相は当初このことについて情報統制を敷いて弾圧をしていたため政府内からも反発が相次ぎ、源静香を党首とする最大野党「源自由党」及び「出来杉民主党」、「骨川社民党」によるクーデターが発生し、2014年12月21日に剛田武は首相を退位 国政を変え源静香を首相とする新体制が誕生、のび太社会資本主義人民興産業大帝国という堅苦しい名前から野比連合共和国というシンプルな名前となった。

現在、のび太国はほぼ民主主義とはなったものも韓国同様真の民主主義では無く、まだ独裁的な場所が少々残った欠陥型民主主義となっている。

日本大反乱

日本大反乱後のび太国が手に入れた領土。東京~銚子間は地底シェルターと地上の立体重複領土となった。

のび太は主権のない飾りの皇帝となっていたが人望は衰えず、日本転覆を計画した。配下のスパイにより実行され、日本は大混乱しその隙に日本全土を手に入れるはずだった・・・・が各地の都道府県がそのまた隙を突いて独立を宣言し

が勝手に独立しのび太国は仕方なく関東地方のみを手に入れるつもりだったが山形、茨城、群馬、長野、山梨、新潟などに亡命した日本国、親日政府の北陸共和国東海連邦によりそれも阻まれ、また仕方なく東京、神奈川の旧武蔵国の部分、千葉の大半(残りはチバラギ共和国と日本の安房県が支配)、埼玉の大半(北北西部は日本の北秩父県)のみを手に入れた。なお源静香氏はそれを容認したが副首相の出来杉英才氏は亜洋事変‎‎時点と同様反対している。

詳しくは日本大反乱を御覧下さい

また、のび太国は1982年にもアジア、オセアニアの全地域を支配する巨大国家「大亜洋帝国」を建国しようと反乱を起こしたが、この時は自衛隊により鎮圧された。こちらについては亜洋事変を参照の事。

分裂騒動

2018年10月19日に9月の選挙で首相となったのび太国の出来杉首相率いる出来杉民主党が非民主的かつ内輪的に有効法であった新日本帝国憲法の正式な改正手続きを無視して決められたのび太国憲法を破棄し新日本帝国憲法(中身は大日本帝国憲法と殆ど同じ)を有効法と看做した上で日本国憲法と殆ど同じ内容からなる改正憲法を施行することを目指すと発表した際、のび太皇帝が出来杉氏に反発し源自由党がのび太皇帝を匿った結果、連立政権の与党両党が決裂状態に陥った末、同年12月16日に政府決裂宣言を発表。首都月見台は東西に分割されることとなり地下シェルターは南北で分断、のび太諸島(東総諸島)は西側の所属となった。

なお、西側の改正憲法は党内でも改正内容を巡って大きく荒れたことから、現状では日本国憲法を基盤に起きつつも相違点を有するものとなっている。

一般庶民の状況

国民の約半数の約1億5千万人は中所得・高所得で日本と何ら変わらない状況であるが、後の半数は貧困層となっているのが実情である。また、インターネットの普及率は30%と低い。近年は、貧困層の亡命が絶えないため、のび太国側は貧困層の改善に取り掛かっているが、日本連盟側は依然亡命の手助けを行っているために全く改善していなかったのだが、2017年後半以降の東日本の台頭により、日本連盟加盟国と国境を接さなくなくなったため、2018年現在は亡命者数が大幅に改善している。なお、近年は貧困層に金銭を支給したり、冷蔵庫・エアコン・洗濯機やテレビ・PC及びインターネット回線などや電気ガス水道を完備した住宅に無償で住まわせるなどの政策も開始している。

また、2016年まで国民皆婚摘子制が取られていたため、独身者や子供のいない世帯の比率は非常に低く、現在のところ他国に見られるような出生減は見られない。

軍隊

軍隊は陸・海・空軍を所持している。中国・北朝鮮と共に戦後唯一侵略行為で領土を拡げた国の一つである。

兵器は主に、自主製作のものとソ連軍の旧式兵器である。なお、少数ながら旧日本軍の兵器も使用されている。

また、原子爆弾・水素爆弾を複数所持しており、核実験を行っている。詳しくはのび太連邦軍を詳細のこと。


アニメ関連

アニメ、マンガは東京、神奈川、千葉の殆どを制圧したためあまり困らなくなったがのび太国外にあるアニメ会社(京都アニメーション、PAワークス)はのび太国のテレビ局へアニメを提供しないと当初は発表した。(のちに条件付きで提供開始)また東京を本社としているアニメ会社はのび太国へのアニメ提供はするものの第三国(永世中立の京奈和共和国)を経由引き続き日本へリアルタイムで提供している。これにより大反乱後でも全国ネットは達成されている
なおのび太国はこの事に関して不満だが変なふうに刺激するとまたのび太国内のアニメが消滅し内乱が発生してしまうため黙認している。(但し、クレしんらきすた等春日部国関係者のアニメ・漫画は、治安維持法に基づき国内配信禁止。また、その他作品も、のび太国を批判するシーンや不都合なシーンが含まれる場合NGだがのび太自身がアホなのでそのまま通してしまい、「なにこれwww眼鏡をかけている皇帝が顔芸しながら消滅しているwww面白いww」となるためあまり徹底されていないのも事実)

交通

のび太国内は、鉄道、バス等公共交通機関が発達しており、現在鉄道路線数路線を強制整備方針を打ち出している。また、高速道路もきめ細やかに整備かれており、交通不満は少ない。主要な交通路は以下の通り。

道路

詳細は道路の一覧_(のび太国)参照

鉄道

詳細は鉄道の一覧_(のび太国)参照

飛地

伊予市及び松山市付近が対岸が四国連合共和国領になっているのに対して、ここはのび太国の領土となっている。また、南大東島・呉市中心部及び倉橋島能美島・硫黄島等の火山列島ものび太国の飛地になっている。

国境壁と国境通行

のび太国の国境(国境が山や川である場合を除く)には万里の長城・ベルリンの壁のような大型の侵入防止壁が建設されている。道路での国境通行には、金1600円の支払いとパスポート(一般道路の場合。高速道路は28000円とパスポート)を国境警備隊に見せる(金を支払う)事で通行が可能である。また、鉄道の直通運転は行われていない。

長城は、関東地方の日本国境部と、九州の国境主張部・大分県周囲に建設されている。長城周辺は厳重な警備が成されており、不法な入出国は不可能に近い。

歴代権力者

詳細は歴代権力者の一覧_(のび太国)参照

政党一覧

詳細は政党の一覧_(のび太国)参照

のび太国議会

議席数は全部で892席で臣民代表最高議会と呼ばれ、一院制である

省庁

現在47省存在する。なお、1985年の官省庁整理以降一度も増減がなかったが、2015年に連邦省 2018年に鉄道省が新設された。

詳細は省庁の一覧_(のび太国)参照

のび太国民営化会社

  • 株式会社野比郵政事業(旧郵政省)
    • 株式会社野比郵便局
    • 株式会社野比貯金
    • 株式会社野比簡易保険
  • NRグループ(旧野比国有鉄道)
    • 株式会社NR関東
    • 株式会社NR関西
    • 株式会社NR北九州
  • NOMEXグループ(旧東京都市高速公社、旧野比高速自動車国道公団)
    • 株式会社NOMEX関東
    • 株式会社MOMEX関西
    • 株式会社MOMEX北九州
  • 株式会社野比航空事業(旧のび太航空)
  • 株式会社野比源エアー(旧のび太航空)
  • 株式会社のび太たばこ産業(旧のび太専売公社)

通貨

通貨単位は日本と同じ円であり、のび太円(NBY)と呼ばれる。但し、日本とは一部デザインが異なる他、レートは「1ドル=360のび太円・1ユーロ=360のび太円」固定であり、日本円よりも1円の価値は低い。またデフレ率が高い為、物価が安い。なお、人民元は中華圓・ウォンのうち北朝鮮は朝鮮圓・韓国は南朝圓で日本円は日本圓と表記される。

また、銭・厘が未だ現役であり、特に銭は多く製造されている。なお、厘は製造はされているものもあまり流通しておらず、もっぱら使われないようである。

なお、のび太国内では常用漢字や中国の簡体の様なものが制定されていない為、円は圓・銭は錢・厘は釐が正式な表記とされている。

硬貨

「1厘・5厘・1銭・5銭・10銭・20銭・50銭・1円・5円・10円・20円・50円・100円」の15種類

紙幣

「200円・500円・1000円・2000円・5000円・1万円」の6種類

府県

現在のび太国にはこの様な府県が存在する。ほとんど出木杉民主党か源自由党の地盤になっている。

詳細は府県の一覧_(のび太国)参照

時間帯

現在UTC+9,+9.5の2つの時間帯が存在し、国内で30分の時差がある。使われている地域は以下の通り。

UTC+9 中央標準時

  • 総武地方(豊島府、東京府、荏原県、多摩県、川崎県、横浜府、横須賀県、久里浜府、秩父県、埼玉県、船橋県、千葉県、鎌ヶ谷県、柏県、野田県、木更津県、夷隅県、佐倉県、印旛県、成田県、東金県、芝山県、小見川県、銚子県)
  • 野比諸島地方(総東県)

UTC+9.5 東方標準時

  • 野比諸島地方(久方県、高城府)

放送局

詳細はのび太国のテレビ放送参照

過激派組織

のび太国の領土内には、春日部国川崎国藤沢国さくらニュータウン国という独立過激派組織が存在し、これらをまとめてのび太国四大過激派組織と呼ばれる。春日部国の指導者は、野原信之助・さくらニュータウン国と川崎国の指導者は川崎の少年事件の主犯・天野景太藤沢国の指導者は中野裕太である

 

この項目『のび太国』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

アンサイクロペディアにはかつて「のび太国」の項目がありましたが、独裁者により削除されリダイレクトになっています。

テンプレート:ウィキペディア無し テンプレート:エンペディア無し テンプレート:ユアペディア